事業計画

小樽商工会議所青年部 事業計画

(令和2年4月1日~令和3年3月31日)

1.各委員会活動の推進

(1)組織活性化委員会

令和4年に小樽YEGは創立10周年を迎え、近い将来には北海道ブロック大会招致も見据えている。委員会の垣根を越えて、メンバー全員が一丸となり事業を行える組織作りのため、対外の組織、他のYEGとのより一層の交流を行う。

(2)観光振興委員会

小樽のニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている雄大な自然はとても魅力的だが認知度は低い。自然や地形を活かしたアドベンチャートラベルは、長期滞在型の新しい観光に発展する可能性を秘めており、現在の小樽市には無い新たな観光の調査、開発、実施を目標に他地域の事例や交流を主体に活動する。

(3)生活環境委員会

小樽市の人口は今後5~10年内に10万人を割り込む推計が出されている。この流れを食い止めるため、人口減少の要因を改めて考え、「定住人口対策」をテーマに「有効な施策の実行」を視野に取り組む。

 2.会員相互の資質向上を目的とした事業の実施

(1)例会、勉強会等の開催

(2)卒業式の開催

(3)同好会活動の実施

 3.小樽商工会議所事業への協力

 4. 関係団体及び機関との連携強化

(1)日本商工会議所青年部

(2)北海道商工会議所青年部連合会

(3)市内青年部団体

 5.その他本会の目的達成に必要な事項

観光振興委員会活動指針活動内容

委員長:中山 仁史     副委員長:湊 一浩、佐々木 秀治   ◎令和2年度委員会活動における指針  小樽市の重要な産業のひとつである「観光」は平成30年9月北海道胆振東部地震、令和2年新型コロナウイルス肺炎の発生等で Continue Reading →

生活環境委員会活動指針活動内容

委員長:岸田 一彦    副委員長:敦賀 康夫、長谷川 義之 ◎令和2年度委員会活動における指針 令和元年9月、小樽市の人口は11万5000人を割り込みました。 今後5~10年内には、10万人を割り込む推計も出されていま Continue Reading →

組織活性化委員会活動指針活動内容

委員長:山本 喜則    副委員長:田中 淳平、熊谷 匡紘 ◎令和2年度委員会活動における指針 「組織力の強化と向上」 令和4年に小樽YEGは創立10周年を迎えます。また、近い将来には北海道ブロック大会招致も見据えている Continue Reading →
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA