6月例会を開催

令和4年6月30日、小樽経済センターで6月例会を開催しました。

本例会は観光振興委員会が担当し、「日本遺産」をテーマに

  • 講師によるご講演
  • トークセッション

2部構成で行われました。

湊委員長
観光振興委員会湊委員長から最初のご挨拶
小樽市産業港湾部観光振興室津田様
小樽市産業港湾部観光振興室 日本遺産担当主幹の津田様
日本遺産とは?
耳にすることが増えた「日本遺産」という言葉ですが、そもそもどういったものなのか、
認定されるとどういった効果があるか、詳しく説明していただきました

日本遺産とは

  • 日本の文化・伝統を語る有形・無形文化財の「ストーリー」として認定される
  • 複数の市町村で構成する「シリアル型」と単一の市町村で完結する「地域型」がある
  • 小樽市が関わっている日本遺産は、「北前船」「炭鉄港」のいずれもシリアル型の日本遺産。現在「北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽」が認定候補に!
  • 日本遺産に認定されると、認定地域の認知度が高まり、地域で様々な取り組みが行われるようになり、地方創生につながる
北海道の『心臓』と呼ばれたまち小樽
「北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽」のロゴ
トークセッション
津田様と湊委員長のトークセッション
長らく小樽に住んでいながら知らないことも多く、勉強になりました!

今後新しい小樽観光の創造と発信を行うための、大きなヒントが得られました。講師の津田様、どうもありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA